資産運用リーマンブログ

資産運用が大好きな現役サラリーマンによる投資実践ブログ

【一択】仮想通貨を始めるならイーサリアムをおすすめする理由3選【Ethereum】

f:id:gracias_muchas:20210911142245p:plain

 

こんにちは、ゆうすけです。

 

今回は仮想通貨投資を始めるならこの銘柄!

ということで「イーサリアム」の紹介をします。

 

ちなみに僕は2017年から仮想通貨投資をやっていて、

当時からイーサリアムに投資して一度も売らずに長期保有をしています。

 

こんな人向けの記事

・仮想通貨投資を始めたいけど何を買ったらいいか分からない

・ビットコイン以外に仮想通貨を知らない

・イーサリアムの価値について知りたい

※本記事は個別銘柄を紹介していますが、投資による利益を保証するものではありません

※投資判断はあくまで自己責任でお願いします。

 

イーサリアムとは?

イーサリアムとは世界で2番目に生まれた仮想通貨です。

(ちなみに1番目はビットコイン)

もっと正確に言えば「仮想通貨を利用したブロックチェーンプラットフォーム」ですね。

イーサリアム上で使う仮想通貨は「イーサ(ETH)」と言います。

なので、数え方も「1ETH」「10ETH」といった単衣を使います。

 

ビットコインとの大きな違いは、

プログラムを組み込める

という点です。

これを「スマートコントラクト(賢い契約)」といって、

「〇〇をしたら●●をする」といったプログラムをイーサリアム上で

動かすことができるのです。

このプログラムはブロックチェーン上で実行されるので

改ざんや書き換えできず、いつ誰が何をしたかという履歴が未来永劫に記録されます。

 

このブロックチェーン上でプログラムを動かせるという特徴から

今では金融、ゲーム、電子取引など多くの機会で活用されているんですね。

 

このプログラムを動かす時に「ガス代」つまり手数料として仮想通貨としてのイーサが必要になります。

だからイーサはビットコインによりも「使われる」ことが多くなる傾向にあります。

 

イーサリアムをおすすめする理由3選

さて、ここまでイーサリアムおよびイーサについて紹介してきました。

次に僕が仮想通貨投資を始めるならイーサリアムを勧める理由を3つ紹介します。

ビットコインに次ぐ第2位の時価総額

1つ目の理由は、時価総額がビットコインに次ぐ世界第2位となっているという規模の面です。

時価総額は「流通量×取引額」で表されますね。

これが2021年9月11日時点で以下のようになっています。

f:id:gracias_muchas:20210911133359p:plain

参照元:Coin Marketcap

まあビットコインはぶっちぎりですが、

イーサリアムも3位を大きく突き放しての2位になっています。

それだけ流通量があり、取引価格も上位にあるということなので選ばない理由はないですね。

プラットフォームになっている

2つ目の理由は、イーサリアム自体がプラットフォームになっている点です。

既に紹介したとおり、イーサリアムはブロックチェーン上で「スマートコントラクト」というプログラムを動かせます。

このプログラムを使っている次のようなサービスがあります。

  • DeFi(分散型金融)
  • ブロックチェーンゲーム
  • NFT(非代替性トークン)

それぞれ詳しく知りたい人はネットで検索すると山ほど情報があるので是非ググってみてください。

プラットフォームになっているメリットは何かというと、

イーサをつかわざるを得ない状況が出来ているということです。

 

スマートコントラクトを実行する時には「ガス代」として

イーサの支払いを求められます。

だからこれらプラットフォームを使う人はイーサを買っておかないと使えないわけですね。

 

今はDeFiやNFTがバブルのような盛り上がりを見せています。

じきに落ち着くとは思いますが、それでも使われなくなることはないでしょう。

 

今はアプリをダウンロードするならAppleのAppStoreを通さなければ使えない、

通販で翌日に届いてほしいときはAmazonを使わざるを得ない、

これらと同じように、スマートコントラクトを使うならイーサを買わざるを得ない。

このようなプラットフォーム性はビットコインにはありません。

 

だからイーサの需要は今後もずっと増えていくと私は考えているので、

仮想通貨を買うならイーサリアムをおすすめしているのです。

 

今後も長期的には値上がりが期待できる

3つ目は価格の上昇期待です。

これまでの「おすすめする理由」で紹介したように、

イーサリアムはこれからも需要が増えます。

 

一方で供給はというと

仮想通貨を増やすにはマイニング(仮想通貨を発掘する作業)が必要となります。

マイニングの仕組みをザックリ説明すると、

イーサリアムを使った取引が行われると、ブロックチェーン上に登録する作業を「他の誰か」が実行します。

この登録作業を「最も早く」完了できた人に新しいイーサが供給されます。

こうしてイーサの発行量が増えていくという仕組みになっています。

しかし今後はこの供給される条件を「最も早く」完了した人(Proof of Work)ではなく、

「最も長く多く」イーサを持っている人(Proof of Stake)に変更する流れがあります。

Proof of Stakeになると長期に渡ってイーサを保有している方が有利になりますから、

新たに供給されたイーサがあまり流通(売買)されなくなる可能性が高いです。

そうなると発行量があらかじめ決まっているビットコインと同じように「希少性」が高まります。

一方でプラットフォーム利用者はイーサが必要なので需要はドンドン増えます。

だからイーサリアムの価値はこれからも上がると僕は考えています。

f:id:gracias_muchas:20210911141151j:plain

仮想通貨は「掘り当てる」

イーサリアムの買い方

次は実際にイーサリアム(ETH)を手に入れる方法を紹介します。

仮想通貨の買い方はいくつかありますが、

イチバン簡単なのは交換所での購入ですね。

 

コインチェックはサイトも見やすくて初心者でも使いやすいのでおすすめです。

金融大手マネックス証券グループになりセキュリティ面も安心して使えるようになりました。

その他にもBitflyerやGMOコインなどおすすめの交換所での買い方をこちらの記事で紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

関連記事

shisan-invest.com

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は僕が一押ししている仮想通貨「イーサリアム」について紹介しました!

仮想通貨投資はハイリスクと言われていますが、投資する通貨(コイン)を間違えなければ堅実な投資になると僕は思っています。

 

買うべきはやはりビットコインとイーサリアムの2大コインでしょう。

そのうちでも僕は今回紹介したとおりイーサリアムをおすすめしています。

 

ぜひ皆さんも仮想通貨やブロックチェーンをよくよく勉強して、

自分で理解できたぞ!となったら仮想通貨投資に取り組んでみてください。

 

今回の記事が良かった!という方はぜひTwitterフォローと「読者になる」ボタンのクリックをお願いします!

ゆうすけ

※本記事は個別銘柄を紹介していますが、投資による利益を保証するものではありません

※投資判断はあくまで自己責任でお願いします。

 

※仮想通貨やブロックチェーンを勉強するならまずはこの一冊

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン