資産運用リーマンブログ

資産運用が大好きな現役サラリーマンによる投資実践ブログ

【超便利】 株式投資でロボフォリオを使うメリット6選+始め方

f:id:gracias_muchas:20210429080812p:plain

こんにちは、ゆうすけです。

皆さんは複数の証券口座を持っていますか?

 

ゆうすけ
家計簿アプリで管理でしてるけど証券口座に絞ってもっと細かく管理や分析したいんだよね。
 

こんな僕の悩みを解決してくれたアプリが「ロボフォリオ」でした。

そこで今回は株式投資をしている方には超オススメのアプリロボフォリオ」を紹介します!

 

こんな人向けの記事
  • 複数の証券口座を使っていて保有銘柄の管理が面倒
  • 株式投資で銘柄ごとにもっと高度な分析や管理がしたい
  • 株式投資に関わる企業情報をリアルタイムで収集したい

 

1.ロボフォリオってなに?

ロボフォリオは株式会社マジカルポケットが提供している個人投資家向け投資分析アプリです。

2年ほど前までは「Share」という名称だったのでこちらの名前で知っている人も多いかもしれませんね。

複数の証券口座を一括管理できるアプリで、マネーフォワードMEの証券口座特化版と考えると分かりやすいと思います。

※マネーフォワードMEはこちらの過去記事でも紹介しています

ただしマネーフォワードMEでは銘柄別の日次差益や銘柄ごと保有割合までは分析表示できませんがロボフォリオなら出来るんです。(2021年4月時点)

株式投資をしていると「リバランス」「セクター調整」をするタイミングがありますので、保有割合は大切な情報なんですね。

そんなロボフォリオを使うメリットは6つあります(筆者調べ)

ロボフォリオのメリット
  1. 複数の証券会社の口座データを一元管理できる
  2. 保有銘柄のポートフォリオが一目で分かる
  3. 過去の取引履歴を一括で見られる
  4. 保有資産の推移が一目で分かる
  5. 有価証券報告書など開示情報をアプリ上で閲覧できる
  6. 全て無料で使える

これらを詳しく説明していきますね!

2.ロボフォリオを使うメリット6選

それでは具体的にロボフォリオの特徴を見ていきましょう。

①複数の証券会社の口座データを一元管理できる

繰り返しですがやっぱりこれが最大の特徴ですね。

2021年4月現在はこちらの証券会社8社および証券口座6種に対応しています。

f:id:gracias_muchas:20210429062843p:plain

出典:ロボフォリオ公式サイト

登録手順は後ほど紹介しますね。

でも証券口座を外部に登録してセキュリティは大丈夫?
 
登録情報は全て暗号化しているから万が一データを盗まれても解読できないようにしてあるよ。しかも登録時に必要なのは証券口座へのログインIDとパスワードだけで取引用パスワードは不要なんだ。だから億万が一、IDとパスワードが盗まれても商品売買や入出金は出来ないだよ!(参考:ロボフォリオ公式サイト
 

 

とはいっても不正アクセスのリスクはこのアプリに限らずどこにでもあります

取引パスワードを簡単な文字列にしていたり、他のサービスと同じパスワードを使っていると悪意ある人はカンタンに見破ってしまうので証券口座の取引パスワードは定期的に見直しましょう。

②保有銘柄のポートフォリオが一目で分かる

自分が保有している投資信託、個別株、ETFなど銘柄ごとの保有割合がビジュアル化されて一目でわかります。

こちらは実際の僕の画面です。(金額はヒミツ^^)

f:id:gracias_muchas:20210429063822p:plain

これを見れば、どの銘柄が自分の資産全体の何%を占めているのかが一発で分かります。

僕はあまり積極的にリバランスはやりませんが、定期的にリバランスがしたい人には便利な機能だと思います。

③過去の取引履歴を一括で見られる

登録済の証券口座で行われた取引履歴を一括で見られます。

実際に僕が4月分のつみたてNISAを注文した履歴が載っています。

f:id:gracias_muchas:20210429064311p:plain

私はつみたてNISAは楽天証券個別株・米国株はSBI証券を使っているのでこの取引履歴を一括で見られるのはとても重宝してます。

※特にSBI証券は注文画面がとても見ずらいので^^;

ただし、ロボフォリオにサイト登録した時点以降の取引履歴しかロボフォリオには反映されません。

つまり今日の朝10:00にロボフォリオに登録しても9:59までの取引履歴は見ることができない、ということなのでご注意ください。

【参考記事】

④保有資産の推移が一目で分かる

②の保有割合の推移をビジュアル化してみることができます。

f:id:gracias_muchas:20210429065406p:plain

3月上旬にジグザグしているのは、ロボフォリオを始めたばかりで口座登録をサボっていた時期です(笑)

うまくデータ連携ができておらず数値がメチャメチャになっていましたが今は落ち着きました。

「チャートをシェア」ボタンを使えばSNSに自分のチャートを共有できます。

ちなみに見ての通り僕のポートフォリオは米国株40%、つみたてNISA30%、投信25%、個別株5%といった感じです。

さらにNISAと投信も90%が先進国&米国株です。(残りは日本株&Jリート)

まだ30代なのでとれるリスクは取っていこうという方針です。

⑤有価証券報告書など開示情報をアプリ上で閲覧できる

開示情報とは会社が投資家向けに公開するニュースリリースのような発表資料です。

この機能は案外便利で、僕はアラート通知をONにしてよく見ています

その企業の決算発表から株式移動、役員の変更など動きがつかめるようになります。

僕が個別株で保有している「セブン銀行」の開示情報もこのようにアプリから直接表示ができます。

f:id:gracias_muchas:20210429070602p:plain

また、保有していない会社の開示情報も以下のように検索できます

ただし現状は日本企業のみ対応のようですね。米国企業対応にも期待です。

f:id:gracias_muchas:20210429072438p:plain

⑥全て無料で使える

これらの便利な機能が使える「ロボフォリオ」はなんと無料アプリです。

この機能で無料は本当にありがたい限り!

タダより高いものはないっていうよ…
 

確かに、無料にはそれなりの理由はあるはずと疑ってかかるクセは大事です。

特に利用規約プライバシーポリシーで「これはダメだ!」という点が無いかチェックしましょう。

利用規約 | ロボフォリオ

この利用規約で個人的に気になった点は以下の4つでした。

・アプリ上で管理できる情報は過去24か月まで(第6条)

・180日間ログインしなければ口座情報を削除(第7条)

・将来的に有償化する可能性あり(第9条)

・登録した個人情報は第三者(日本国外の企業も含みます)に業務委託することが予定されている(第14条4項 d)

個人的には「ダメだ」という規約はありませんでしたが、最近話題の個人情報の取り扱いは気になると思うので、各自で利用規約をしっかり読んで利用するかは自己責任でご判断ください。

 

3.ロボフォリオの始め方

最後にロボフォリオの始め方を手順にそって解説していきましょう!

①アプリをダウンロードする

iOS: 「ロボフォリオ」をApp Storeで

Android: ロボフォリオ/株式投資の口座・適時開示管理アプリ - Apps on Google Play

②IDとパスワードを設定する

インストール完了するとまずはロボフォリオ自身のIDとパスワード登録が必要です。

画面の案内に従って登録を完了してください。(キャプチャは割愛します)

GoogleアカウントやAppleIDなど外部IDでのログインも可能です。

③証券口座を登録する

画面右上の「三」マークをタップして、「新規追加」をタップします

f:id:gracias_muchas:20210429072912p:plain

 

登録したい証券会社を選んで、あとは各社証券口座のIDとパスワードを入力したら連携完了です!

f:id:gracias_muchas:20210429073330p:plain

ここまでの作業を繰り返すと登録作業は全て完了です。おつかれさまでした!

4.まとめ

あらためてロボフォリオのメリットを振り返りましょう。

ロボフォリオのメリット
  1. 複数の証券会社の口座データを一元管理できる
  2. 保有銘柄のポートフォリオが一目で分かる
  3. 過去の取引履歴を一括で見られる
  4. 保有資産の推移が一目で分かる
  5. 有価証券報告書など開示情報をアプリ上で閲覧できる
  6. 全て無料で使える

僕は3月から使い始めてデータ分析や情報収集にとても役立っているので今回紹介しました^^

しかし証券口座データを外部連携することはリスクゼロではないし、運営会社が今後どのような経営状況になるかはわかりません

便利なツールはリスクもメリットも自分で納得いくまで調べたうえで自己責任のもと有効活用していきましょう!

まとめ
  • 6つのメリットが自分に必要かどうか自己責任で判断して使おう
  • 資産管理ツールの一つとしてロボフォリオは使って損はない
  • セキュリティや個人情報取り扱いが気になる場合は事前に規約を確認しよう

今回もありがとうございました!

 

ゆうすけ