資産運用リーマンブログ

資産運用が大好きな現役サラリーマンによる投資実践ブログ

【聴く読書】Amazon Audibleを半年使ってみた感想【今なら2ヶ月無料】

f:id:gracias_muchas:20211120141705j:plain


こんにちは、ゆうすけです。

 

突然ですがAmazon Audibleを使ってますか?

www.amazon.co.jp

「本を読むのが苦手で…」

そんな人にオススメなのが耳で聴ける本、Audibleです。

 

AudibleはAmazonが出しているオーディオブックです。

本をナレーターが読んでくれて耳で聴くだけなので

活字を読むのが苦手という人もラクにインプット出来る優れもの。

 

僕も半年前から投資の勉強をするためにAudibleを使い始めました。

shisan-invest.com

 

そこで今回は効率的に自己投資できるAmazon Audible を6ヶ月使ってみた感想とオススメポイントについて紹介します!

 

こんな人向けの記事

・スキマ時間を使って自己投資をしたい

・本を読むのが苦手だけど読書したいと思ってる

・Audibleを使おうか迷っている

Audibleを半年使った3つの感想

ながら読書が効率的

「本を読む」ためには結構ちゃんとした環境が必要ですね。

 

歩いたり走ったりせず静止した状態で、手に本を持てる余裕があって、気になるような雑音が少ない。

 

こんな環境を確保するのって意外と難しいんですよね。

家でご飯を作ったり洗濯したりと家事をしている時や、

ジムで運動している時に本を読むことは出来ません。

 

しかしAudibleなら耳で聴くだけなので何かをしながらの「ながら聴き」が出来るんです!

 

車の運転中でも料理をしている時も本を「聴く」ことができるで本当に効率的です。

時間の使い方にこだわりたい人にはAudibleは必須アイテムですね。

 

読むよりも内容が理解しやすい

文字を読むより耳で聴いた方が理解が早いです。

これは人によるかもしれませんが、私はAudibleで聴く方が内容がスーッと頭に入ってくるんです。

 

目から入ってくる文字情報を理解するよりも

耳で聴こえてくる音声を理解する方が早いんですよね。

 

さらにはAudibleなら繰り返し聴くことのハードルが低いんです。

一冊を聴き終わったらもう一度再生すればまた聴けるので、

二度聴きで理解がさらに深まります。

 

一冊の本を二度読むのってけっこうツライですよね。

この二度聴きのハードルが低いのもAudibleなどオーディオブックのメリットです。

 

コストが実質無料でおトク

Audibleは無料期間が終わると1ヶ月1500円のサブスクリプションサービスです。

 

「え!月1500円は高いな!」

 

私も最初はそう思いました。

しかし毎月一冊のオーディオブックが買える「コイン」が付与されるので

実際は毎月1500円で一冊本を買っているのとイコールなんです。

 

価格が1500円以上の本を「コイン」で買えば実質無料となります。

 

半年使っていますが毎月一冊ずつ読んでいるので払っているのは月額料だけです。

 

それでも十分楽しめているのでAudibleは素晴らしいと思います。

 

Audibleを始めよう

Amazon Audibleは初月無料で始められるので

「まずはお金を掛けずに試したい」

という人も気軽に始めることができます。

 

さらに今なら2021年11月17日〜12月14日までの期間限定で

最初の2ヶ月間+2冊無料キャンペーン

を実施しています。

 

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック

 

Amazonアカウントを持っていれば上のリンクからすぐに登録できます。

 

登録が完了したらコインで一冊好きな本を買いましょう。

本を買えたらスマホにAudibleアプリをインストールします。

あとはアプリにもログインすれば本がダウンロードされるので

晴れてAudibleで本を聴けるようになります!

f:id:gracias_muchas:20211120142248j:plain

 

まとめ

Audibleを半年間使ってみて感じたメリットは次の3つです。

 

  • スキマ時間を有効活用できる
  • 倍速再生で効率的に聴ける
  • 毎月一冊無料でコスパがいい

 

デメリットは特にありませんが、

強いて言えば「使わなくなる」ことでしょう。

自己投資を続ける自分の意思があればAudibleは良質なツールになるのは間違いありません。

 

今回の記事が良かった!という方はぜひTwitterフォローと「読者になる」ボタンのクリックをお願いします!

ゆうすけ