資産運用リーマンブログ

資産運用が大好きな現役サラリーマンによる投資実践ブログ

【投資信託】私が楽天VTIをつみたて続ける理由3選【つみたてNISA】

f:id:gracias_muchas:20220108115232p:plain


こんにちは、ゆうすけです。

 

みなさんはつみたてNISAでどんな投資信託に投資をしていますか?

私は楽天証券をメイン口座にして、次のような投資信託を毎月積み立てています。

購入している投資信託
  • 楽天・全米株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックスファンド

楽天証券

今回は積立投資でおすすめの投資信託

楽天・全米株式インデックスファンド(通称:楽天VTI)

について紹介します!

こんな人向けの記事
  • これからつみたてNISAを始めたい
  • 投資信託が沢山ありすぎて違いがわからない
  • 投資信託の詳しい中身を知りたい

楽天・全米株式インデックスファンド(通称:楽天VTI)とは?

楽天VTIは、楽天グループの運用会社である楽天投信投資顧問が運用している投資信託です。

投資信託の誕生日である設定日は2017年9月29日です。

既に5年弱の運用期間がありますね。

最近の米国株ブームが起こる前から運用がスタートしていた歴史ある?米国株式インデックスファンドです。

 

米バンガード社が運用する

「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(ティッカーシンボル:VTI)」

をマザーファンドとして運用しているので通称:楽天VTIと呼ばれています。

 

目論見書に記載されている信託(ファンド)の仕組みは以下の通りです。

f:id:gracias_muchas:20220108101731p:plain

出典:目論見書

投資信託やインデックスファンドについて知りたい方はこちらの過去記事もぜひお読みください!

shisan-invest.com

shisan-invest.com

 

米国株式に投資する理由

投資信託には日本株や世界株に投資するものもあるよね?なんで米国株なの?
 

こんな疑問は私も持っていました。

そこで読書をしたりブログを読んだりして

「なぜ米国株式なのか?」

を勉強しました。

ここの経緯と詳しい理由は過去のブログ記事にも書いていますが、

今回はシンプルに3つの比較をしましょう!

①日本株より米国株

残念ながら日本株はここ30年間まったく成長していません

え!?そうなの!?
 

代表的な指数である日経平均米国ダウ平均の過去30年間の比較チャートを見てみましょう。

f:id:gracias_muchas:20220108103256p:plain

参照元:日経電子版スマートチャート

この通り1992年を基準にすると

米国株は1000%(約10倍)成長しているのに対して

日本株は29%(1.29倍)しか成長していません。

 

企業の成長やイノベーションもGAFAM(Google・Apple・Facebook・Amazon・Microsoft)やテスラなど世界的な成長企業が出てくる米国の方が強いですよね。

 

未来が必ず過去と同じになるとは限りませんが、

どちらに投資したいかと言えば米国株一択でしょう。

ゆうすけ
日本企業にも頑張ってほしいけど投資判断は冷静に!
 

②個別株よりインデックスファンド

楽天VTIは価格が指数に連動するインデックスファンドです。

一方で、企業の株を直接購入する個別株に投資する方法もありますね。

個別株の方が儲けられそうなイメージがあるなぁ
 

たしかに個別株は「一攫千金」イメージがありますが、

沢山勉強しないと大損するリスクも大きいです。

 

一方でインデックスファンドは「負けない投資」と言われています。

資産運用で大事なのは時間を味方につけてコツコツと投資を続けることです。

 

そのためにピッタリなのがインデックスファンドの積立投資なんですね。

おすすめする理由は以下の記事に書いているのでぜひお読みください!

shisan-invest.com

shisan-invest.com

③S&P500、全世界株よりも全米株式(VTI)

全世界株式よりは全米株式の方がおすすめです。

全世界株式と全米株式の違い

  • 投資先が世界の約8000銘柄米国の約4000銘柄

です。

投資に必要な分散効果は全世界株式の方が高いですが、

一方で世界一の経済大国である米国の成長が薄まってしまうというデメリットがあります。

私は米国の成長を100%取り込みたいので米国株式を選んでいます。

 

ただしS&P500と全米株式はぶっちゃけどちらでもいいです笑

なぜなら値動きはほとんど変わりません。

以下はS&P500に連動するETF(VOO)とVTIの比較チャートです。

f:id:gracias_muchas:20220108105403p:plain

参照元:Trading View

この通りほぼ同じ値動きで成長率もほとんど変わりません。

大きな違いは投資先の企業数ですね。

  • S&P500:米S&P社が選んだ大企業500社が対象
  • 全米株式:中小型企業も含んだ米国上場企業約4000社が対象

米国内でも分散効果が欲しい人にはVTIがおすすめです。

ちなみに私はリーマン・ショック時の振る舞いからS&P社を信用していないのでVTIを選んでいます(笑)

 

f:id:gracias_muchas:20220108115650j:plain

世界経済の中心は米国

楽天VTIを選ぶ理由

全米株式に投資する方法は3つあります。

  • 楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)を買う
  • SBI・V・全米株式インデックスファンド(SBI・VTI)を買う
  • VTI(米国ETF)そのものを買う

この中で楽天VTIを買う3つの理由を紹介します。

①つみたてNISAやiDecoで積立OK

私はつみたてNISAでの購入を前提としていたので

米国ETFのVTIは対象から外しました。

②純資産額がトップ

楽天VTIは2017年9月から5年弱続くファンドで、純資産額が3000億円を超えています。(2021年7月時点)

一方でSBI・VTIは2021年6月に設定された新しいファンドのため純資産額は50億円しかありません。(2021年7月時点)

 

純資産額は投資信託を選ぶ時にとても重要なポイントです。

なぜなら純資産額によって投資信託の株価である「基準価額」が決まるからです。

f:id:gracias_muchas:20220108111328p:plain

出典:投資信託協会公式サイト

なので、私は純資産額の大きい楽天VTIを選んでいます。

 

③メイン口座が楽天証券だから 

そもそも論ですが、私は楽天証券でつみたてNISAをやってるから楽天VTIを選んでいます。

楽天証券

楽天証券を使っている理由は過去ブログ記事に書いています。

shisan-invest.com

 

楽天証券ではSBI・VTIは買えないという致命的な理由からも楽天VTIを選んでいます。(楽天による囲い込みですね)

 

楽天VTIのデメリット

ここまで紹介したとおりつみたてNISAで購入するなら楽天VTIがおすすめです。

しかし、楽天VTIにはデメリットもあるので3つ紹介します。

①信託報酬が高め

楽天VTIはSBI・VTIや本家VTIと比較すると年間の保有コストが高めです。

 

年間信託報酬

(管理報酬)

楽天VTI 0.162%

SBI・VTI

0.0938%
VTI 0.03%

本家VTIは米国株なので為替リスクなど別のコストがありますが

SBI・VTIにはシンプルにコスト負けしています。

ただしその差は0.07%程度なので既に紹介したメリットと比較して楽天VTIとSBI・VTIどちらにするか選ぶとよいでしょう。

②米国一極集中投資

米国企業4000社に投資をするので、万が一にも戦争や災害で米国経済が沈むと資産が大きく減るリスクがあります。

 

そのために全世界株式に分散するという選択もありますが、

米国経済が沈めば世界経済も沈むのではないでしょうか?

 

だったら米国沈没リスクに備えるよりも米国の成長を取り込める全米株式に投資し続けるほうが良いというのが私の考えです。

 

③楽天証券以外で買えなくなるリスク

現在、楽天証券はSBIグループのVTI(SBI・V・全米株式)を販売していません。

これは楽天グループによる囲い込みの一貫ですね。

さらに、販売しているSBIグループの投資信託を最近キャンペーン対象外にすると発表しています。

【投資信託資産形成ポイント】ポイント進呈条件の変更に関するお知らせ | 楽天証券

 

ここからは私の予想ですが、

報復的にSBI証券が楽天VTIを販売しなくなるリスクが大いにあると踏んでいます。

 

いきなり販売停止はなくても、SBI証券のポイントプログラムの対象外になったり新規購入受付を停止したりする可能性はゼロじゃないですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は私が楽天VTIをおすすめする理由について紹介しました。

楽天VTIは競合ファンドと比較しても歴史が長く、楽天グループサービスとの親和性も高いです。

ファンドに信頼感を求める人や楽天経済圏の方はつみたてNISAをやるなら迷わず楽天VTIを選ぶとよいでしょう。

楽天VTIを選ぶ理由

①つみたてNISAやiDecoで積立OK

②純資産額がトップ

③メイン口座が楽天証券だから

楽天VTIのデメリット

①信託報酬が高め

②米国一極集中投資

③楽天証券以外で買えなくなるリスク

今回の記事が良かった!という方はぜひTwitterフォローと「読者になる」ボタンのクリックをお願いします!

ゆうすけ

 

※本記事は投資による利益や成果を保証するものではありません

※投資は自己責任でお願いします

※一部個人的見解も含まれているのでご自身にて判断ください